色素沈着

色素沈着の治し方やおすすめのクリームについて紹介しています。

脇の色素沈着は重曹で消える?

 

脇の色素沈着が重曹で改善すると聞いたので調べてみました。

 

結論から言いますと、脇の色素新着は重曹では消すことができません。

 

 

 

脇の黒ずみには大きく三種類があります。

 

①毛穴の汚れ

②埋没毛

③色素沈着

 

毛穴の汚れに対しては重曹はとても効果的です。

 

毛穴の汚れは酸化して酸性になっているのですが、アルカリ性重曹と中和されると落ちます。

 

石鹸では難しい理由としては、毛穴の汚れはすでに硬くなっていて、毛穴からにゅるりと出てくることがなかなか難しいからです。

 

重曹にはこの汚れを軟化させる効果があり、毛穴の汚れを落とすのに適しているんですね。

 

 

脇の黒ずみに対してはメラニンが影響しているので、重曹ではそのメラニンを洗い落とすことはできないんです。

 

ですが重曹ではなく黒ずみ専用のクリームを使うことで改善することが可能です。

 

kokorogakimetamichi.info

脇の黒ずみにも使えるそうです。

 

色素沈着で傷跡はどうする?

 

傷跡にできる色素沈着の治し方を調べてみました。

 

傷跡にできる色素沈着は主にはメラニンが原因になります。

 

 

 

通常は以下のステップになります。

 

①内服薬(ビタミンCなど)

②外服薬

③レーザー治療

 

 

まずはビタミンCなどを含んだ内服薬でどこまで消えるかの経過を見ることになります。

 

ですが、一般的に内服薬だけだと傷跡の色素沈着に効果がでるまでに時間がかり、また効果もそこまで目に見えて大きなものではありません。

 

そのため②の外服薬と並行して進める場合がありますが、薬としてはハイドロキノンが含まれている薬になります。

 

ハイドロキノンメラノサイトにダイレクトに働きかけて色素沈着を改善する効果がありますが、20gで5000~10000円程度するのでなかなか高くて続けにくいのがデメリットです。

 

 

そのため、アットノンなどの別の薬のほうがおすすめです。

 

アットノンは継続して使っていれば1、2年経った傷跡の色素沈着にも効果を発揮してくれますし、15グラムで1400円ぐらいとハイドロキノンに比べて値段もリーズナブルです。

 

傷跡の色素沈着には時間がかかるので、経済的に続けられそうな薬を選ぶのがコツになりますので、そういう面でアットノンは非常におすすめです。

 

 

それでもダメな場合はレーザー治療に移行しますが、レーザーは薬に比べて効果を実感するのが早いです。

 

とにかく早めに治したいという方にはやはりレーザーがオススメですが、稀にシミが濃くなった、赤みが出た、肌が一部白くなってしまったなどのクレームもあるそうなので、これはリスクとしてとらえなければなりません。

 

また費用は自由診療のため一センチ角一回で10000円と高額になりがちです。

 

皮膚科の医師と相談して適切な治療法を検討していくのがベストになります。

色素沈着のある唇にレーザー?

 

色素沈着のある唇にレーザーは効果があるのか調べてみました。

 

結論から言いますと、唇の色素沈着にレーザーは相性が良く、早い人は一回で効果があります。

 

通所、肌のターンオーバーには28日~30日程度かかると言われますが、唇は3~5日程度と言われています。

 

そのため、レーザーの効果がとても出やすい部位と言われており、完全に唇の色素沈着を消すことも夢ではありません。

 

施術の回数も肌の色素沈着に比べてうんと少なくて済みます。

 

 

 

唇にレーザーを当てると多少ゴムではじかれたような痛みはあります。

 

でも、その日中に食事もできますし、メイクもできちゃうんです。

 

早い人で術後三日後ぐらいには、唇の色素沈着がほぼ消えているのを体感できる場合があります。

 

 

 

繰り返しになりますが、唇の色素沈着にレーザー治療はとても相性が合っています。

 

気になっている方は皮膚科で相談してみると良いと思います。

ワインで色素沈着した唇はどうする?

 

ワインで色素沈着した唇の対処法を調べてみました。

 

一番いい方法はリップゴマージュです。

 

リップゴマージュというのは唇のピーリングのようなもので、唇の皮をほんの少しだけオフして表面の汚れを落として唇を綺麗にするものです。

 

市販でも売っていますが、自分で作る人も結構います。

 

材料としてはヴァセリンと砂糖、そしてハチミツを混ぜて作るのは割と知られている方法です。

 

 

さて、リップゴマージュの使い方ですが、上唇を左から右に4点、下唇を左から右に4点に分けて、それぞれリップゴマージュを指先につけてグッと押していきます。

 

各3秒ぐらいでOKなので、上下の唇が終わるまでに24秒で終わります。

その後は上からラップをして5分ほど放置して完了です。

 

 

 

ワインを飲んだ日の夜だけではなくて、できれば定期的に唇のリップゴマージュをするようにして、唇をプルプルで綺麗な状態でキープしましょう☆

色素沈着が唇の輪郭にできたときの対処法

 

色素沈着が唇の輪郭にできたときの対処法についてですが、基本的には先日記事にした「色素沈着の唇を治す方法 - 色素沈着」を参考にしてほしいのですが、唇やその輪郭の色素沈着に効果的なパックの方法を調べてみました。

 

 

唇の紫外線対策や保湿成分の入ったリップでのケアはぜひ続けてほしいのですが、さらにパックを取り入れることでうるおいを取り戻します。

 

乾燥が無くなると血行が改善されて色素沈着が目立たなるんですね。

 

 

パックの方法はとても簡単で、普段使っているリップクリームで唇を塗った後に、上からラップをします。

 

そして温かいタオルを上からかけて2,3分放置でOKです。

 

 

ただ、リップクリームだけではなくて、以下のようなものも効果的です。

・ワセリン

・はちみつ

・馬油

 

個人的にははちみつと馬油が効果を感じたのでお勧めです。

 

特に馬油の時はタップをしたままお風呂に10分ほど浸かっているとより効果を感じやすいので試してみてください。

 

 

 

目尻の色素沈着を治すには?

 

目尻の色素沈着で悩んでいる方はけっこう多いんです。

 

特に女性で悩んでいる方が多いのですが、この主な理由はアイメイクとクレンジングによる摩擦と言われていますね。

 

若しくは、目の周りが痒くて指でかいたときの刺激でメラニンが発生したと考えられます。

 

 

 

目の周りの皮膚は非常に薄く、血行が悪くなりがちですぐに色素沈着を引き起こします。

 

紫外線を浴びた後にそばかすが目の周りにできやすいですよね。これも同じ理由からです。

 

皮膚がもともと薄くターンーオーバーもおそめなので、長い間シミが残ります。

 

 

 

目尻の色素沈着の対策として、もちろん普段のメイクやクレンジングの際の摩擦をできるだけ弱くすることが重要ですが、それ以外ですと保湿と言われています。

 

 

保湿をすることでターンオーバーを正常に整えることで、すでにできてしまったシミを撃退する方法です。

 

 

目の周りは敏感なので、顔にも使える美白クリームを小指差の先などで優しくトントンと塗ってあげるのがコツです。

 

 

この保湿を続けていると、私の場合は三か月後ぐらいから色素沈着の改善が見られました。

 

続けてみると良いことあるかもしれません☆

 

 

色素沈着アトピーはハイドロキノンが使える?

 

色素沈着アトピーはハイドロキノンが使えるのでしょうか。

 

東京大学の実験で実際にアトピーに対して効果が認められた症例がありますが、それはあくまで医師の慣習のもとで行われた実験で、ハイドロキノンの含有量も意図的に増やして行われました。

 

実際はハイドロキノンは普通の方でも肌への刺激が強いので、アトピーの方はできるだけ使わないほうがいいという意見もあります。

 

特にアトピーの方は肌への刺激に普通の人よりも弱く、思わぬ症状を引き起こす場合があります。

 

炎症などによって逆に色素沈着を悪化させてしまうことも過去症例にはあるそうなので、やはり注意が必要な成分には間違いないです。

 

そのため、ハイドロキノンでの色素沈着には医療機関に相談しつつ試してみることを強くお勧めします。